会長挨拶

  社会福祉協議会は、昭和26年に制定された社会福祉事業法に基づき設置されました。
 平成12年には社会福祉法が改正され「地域福祉の推進を図ることを目的とした団体」として明確に
位置づけられました。私どもは、常に「福祉の原点と精神」を一時も忘れることなく、地域住民を始め
民生児童委員、ボランティア団体、地域住民団体等との、強い絆と連携のもとに運営されています。
  私たちは、地域の「自助」「共助」の重要性を認識し、併せて多様なニーズを把握するなか、きめ細
やかな活動を推進していく糧になり得るよう、職員一同、努力を傾注していく覚悟でございます。
 私は、この度開催された理事会において、理事各位のご推薦を賜り、会長職を拝命させていただき
ました。微力ではございますが、身延町社会福祉協議会が「町民の皆様の福祉のよりどころ」としての
存在感をお示しできますよう、努力していく所存でございます。 
 身延町も少子高齢化をはじめ、地域のつながりの希薄化など地域社会を取り巻く環境は猛スピード
で進行してくるなど、さまざまな懸案を抱えております。今や、限界集落から限界町村といわれる自治
体が出現する時代になるかも知れません。今年の大雪は、多くの教訓をもたらしましたが、中でも大
切なことは、「事前の知識や情報の共有」とそれに基づく対策だと考えます。これからの地域社会に求
められるものは、「自助・共助」の必要性と、それ以上に大切なものは、「人とのつながりとふれあい」
であると思います。私たちが求める「真の福祉の充実」とは、このような社会の構築と実現によっても
たらされるものであり、私はそのために会長として、地域と共に、諸事業を推進してまいります。
 あらためまして、皆様のご支援とご協力を切にお願い申し上げまして、会長就任のご挨拶といたします。

社会福祉協議会とは

 行政関与によって戦前から戦中に設立された民間慈善団体の中央組織・連合会およびその都道府県組織を起源とする組織で、地域福祉の推進を図ることを目的とする社会福祉法人で、地域福祉の普及推進と民間福祉事業やボランティア活動の推進支援を目的とし、全国、都道府県、特別区、政令指定都市、市町村単位で組織されています。 民間団体ですが、社会福祉法に定められ、行政区分ごとに組織された団体で、運営資金の多くが行政機関の予算措置によるものであるため、「公私共同」「半官半民」で運営されており、民間と公的機関・組織両面のメリットを生かした事業を展開しています。  

 ◎ 身延町社会福祉協議会の組織
 役 員;理事15名、監事2名
 評議員;36名
 会 員;身延町に居住する者、並びに本会の趣旨に賛同して入会した者
    平成26年3月31日現在の会員は、
    一般会員4,690世帯と賛助会員1団体
 事務局;事務局長1名、職員(正規14名、臨時5名、パート16名、登録
 ヘルパー15名 計50名)
      (会長が任免する)

◎ 身延町社会福祉協議会が行う事業(定款 第2条)
 (1) 社会福祉を目的とする事業の企画及び実施
 (2) 社会福祉に関する活動への住民の参加のための援助
 (3) 社会福祉を目的とする事業に関する調査、普及、宣伝、連絡、調整及び助成
 (4) (1)から(3)のほか、社会福祉を目的とする事業の健全な発達を図るために必要な事業
 (5) 保健医療、教育その他の社会福祉と関連する事業との連絡
 (6) 共同募金事業への協力
 (7) 居宅介護等事業の経営
 (8) 高齢者デイサービスセンターの経営
 (9) 生きがい活動支援通所事業
 (10)障害福祉サービス事業の経営
 (11)心配ごと相談事業
 (12)生活福祉資金貸付事業
 (13)社会福祉金庫貸付事業
 (14)福祉サービス利用援助事業
 (15)その他この法人の目的達成のため必要な事業